開店のためにはまずは物件!

探し方いろいろ!物件選びの方法

インターネットでも見つかるけど…

今や情報の量で言えばインターネットに勝るものはないでしょう。
検索方法の豊富さ、条件検索の使いやすさで誰でも気軽に物件を検索ができるインターネットは確かに使いやすいです。
何より自分は動かず、様々な地域の物件を探すことができますからね。
しかしながら、出店、撤退の激しい飲食店ですから急にいい物件が空くなんてケースも存在します。
そうした最新の情報はウェブ広告に乗る前に出店希望者との間で契約が結ばれてしまうケースもあるのです。
やはり契約を結ぶのも解約するのも人ですから、一番鮮度の高い情報を持っているのは契約の当事者なのです。
出店希望地域が決まったら、周辺の不動産会社は回って物件探しをしておきましょう。
そこで見つからなくても希望条件と連絡先を書き残しておけば、近々の情報が入ってくるかもしれません。

開業に必須!聞いておくべき物件情報

物件の全てが飲食店を開業できるわけではありません。
飲食店可能でもカフェなどの軽飲食に限るのか、定食屋など重飲食も可能なのかも違います。
物件契約前にその物件で本当に自分の考えているお店を開業できるのかはしっかり仲介業者に確認を取っておきましょう。
また、物件によって電気・ガスの容量も違います。
契約して開店準備に取り掛かった段階で、使用する予定の什器が物件の電気・ガス容量と合わなかったなんてことになったら目も当てられませんね。
綿密な事業計画を立てておき、細かいところまで物件に求める条件を決めておけば仲介業者も物件探しをしやすくなります。
必然、希望条件を満たした物件に出会いやすくなりますよね。
何より、業者に聞いておくべき情報を固めることができますよ。
仲介業者に相談ができるよう、物件選びの前の準備はしっかりしておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る